住込みの仕事を探す理由

いま日本では年収200万円以下のワーキングプアと呼ばれる人たちが2000万人いると言われています。
ここ数年で、派遣が生産現場まで導入されました。日給月給で働いている日雇い派遣労働者は今現在ワーキングプアになっているといっていいでしょう。
年収200万円以下だと、どう節約しても食べるだけで精一杯でアパート暮らしは実質できないでしょう。このような人たちが今、住み込みの仕事を求めているのです。
ワーキングプアから抜け出すためには、多少でも蓄えをしておきたいもの。現在の若者はお金を使わないと言われていますが、実質はそんな余裕はないのです。

住み込みの仕事の職種

住み込みの仕事の一番手は、やはり新聞配達でしょう。新聞配達求人ネットを見ると、マンションを用意してくれた上に引越し費用、状況費用も負担してくれます。なんと10万円以上の入社祝い金も出ます。
月収も50万円近く支給されます。また将来的には新聞店の独立支援制度もあり、積立金制度ともに頑張った人への独立バックアッププログラムもあります。
「はたらくどっとっこむ」では温泉旅館の接客バイトもありました。田舎でのんびり働きたい人にはぴったりですね。温泉旅館では寝るところ、食事なにも心配いりません。都会から離れて働きたい人向けですね。

手に職をつける

手に職をつけたいなら板前などもありますね。ハローワークで探せば住込みの調理見習いなどもあります。
また最近では、農業に従事するのもいいかもしれません。過疎化が進む地方自治体では就農、移住の支援をおこなっているところがあります。ネットで探すとたくさん見つかりますので、好きな地方にタダで移住できるのです。また、農業の指導もしてくれるほか地域釈迦になじみ将来の仲間づくりができるように産業研修生を募集している自治体もあります。
前項でも書きましたが、新聞配達を頑張って将来独立の援助をしてもらうのもよいかも知れません。いつかは人を使って商売ができるようになりたいですね。

スポンサードリンク